沿革

 ✔︎ アスリート自身や周りの人々の持つ”思い込み”が、アスリートの可能性を狭めている可能性があるのでは!?という問い。

  1)アスリート自身の思い込みの例

  ・現役中に競技以外のことを考えてはいけない

  ・自分から競技を取ったら何も残らない

  2)アスリートを取り巻く人々の思い込みの例

  ・現役中に競技以外のことを考えるな

  ・競技しかしていないから仕事はできない


✔︎多領域の専門家の知識と経験を生かして課題を解決し、社会貢献を実現したい。

  ▶アスリートが現役中も引退後も能力を発揮し、アスリートの人生も、そして社会も豊かになることを目指したい。 

  ▶アスリートと共にスポーツ業界を活性化させる動きを作りたい。 

  ▶子どもたちが本気でアスリートを目指せる社会を創りたい。 


✔︎なぜ我々なのか

元アスリートおよび心理学,法律,会計,経営の専門家が集うことで、、

  ▶多様な視点でキャリアを考えるための、知識や知恵の提供が可能。

  ▶実践経験知と学術的根拠の両面からのアプローチが可能。